新着情報

覚えておきたい!よく使うカタカナのビジネス用語15選

ビジネスの場面では社内・社外も含め、さまざまな専門用語が使われます。
近年、国際化に伴いビジネス用語に多くのカタカナ語がつかわれるようになりました。
時々、その意味が分からずに困惑した経験はありませんでしょうか?
意味をしっかり理解していれば、相手にストレスを与えることなく円滑に会話を行うことができます。
そこでここからは、カタカナのビジネス用語をご紹介していきたいと思います。
会社で使われるカタカナのビジネス用語はたくさんありますが、ここでは事務職の方がよく耳にする用語をご紹介していきます。
ぜひチェックしてみてくださいね。

タスク

タスクとは、「仕事」「課題」という意味があります。
何か目標を達成するために必要となる小さな作業を指す言葉として使われることが多くあります。
例 『このプロジェクトを効率よく行うために、タスク管理を行っておこう』

リスケ

リスケとは、リ・スケジュールのことで、日時を再度調整しなおすことや計画を変更する際に使います。
例  『緊急事態宣言が出たから、来週のミーティングはリスケにします』

マスト

マストとは、英語のmustという単語からきており、何かをしなければならないという意味合いです。
そのため、ビジネス用語として使われる際にも「絶対にやらなければいけない仕事」という意味で使われることが多いです。
例 『今日のミーティングの中でこの議題はマストです』

クライアント

クライアントとは、顧客や依頼人、取引先のことを指す言葉です。
例 『今回のクライアントからの依頼はAプランです』

アテンド

アテンドとは、「同行する」「接待する」「出席する」という意味合いの言葉です。
そのため、さまざまな場面で使われます。
例1 部下が上司と出張に行く際には、『課長の出張にアテンドする』
例2 会議がある場合には『明日の会議にアテンドする』
例3 接待を行う場合には『取引先をアテンドする』

アポ

アポとは、アポイントメントの略称で「会う約束をすること」という意味です。
ビジネスシーンではよく使われるので、覚えておく方がよいでしょう。
例  『先方と明日のアポがとれました』

レスポンス

レスポンスとは、「反応」「返事」という意味で、略して「レス」と呼ばれることもあります。
主にメールなどのやりとりをする際に使われることが多く、日常的に出てくるので覚えておく方がよいでしょう。
例 『クライアントへのレスはできるだけ早くしましょう』

フィードバック

フィードバックとは、目標達成をするために軌道修正を行うことを指します。
プロジェクトが一段落した際などにフィードバックが行われることが多いです。
例 『この前のプロジェクトのフィードバックを発表します』

エビデンス

エビデンスとは、「根拠」「証拠」という意味合いの言葉です。
例えば、何かの提案を行う際には、その意見の正当性を主張するためにエビデンスをつけることが多くあります。
例 『この仮説のエビデンスはどこにありますか?』

デフォルト

デフォルトとは、「初期設定」「標準」という意味です。
それが当たり前という意味合いが強く、「デフォ」と略して呼ばれることも多くあります。
例 『デフォルトの形式で提出してください』

インセンティブ

インセンティブとは、「奨励」という意味です。
会社の中では、歩合の意味で使われることが多くあります。
営業の会社では、この話題が多く出ることがあるでしょう。
例 『今月は成績がよかったからインセンティブが多いだろう』

ASAP

ASAPとは、「as soon as possible」の略語で、日本語でいうと「できるだけ早く」という意味合いで使われます。
英語のメールの中で使われることが多く、日本のビジネスシーンでは「アサップ」と言う場合があります。
例 『この書類はASAPでお願いします』

NR

NRとは、「No Return」の略称で、日本語でいうと「直帰」という意味になります。
外回りのある仕事で、外出先からそのまま帰宅する際に使われます。
例 『本日、課長はNRです』

オンスケ

オンスケとは、「オンスケジュール」の略称で、「予定通り」「計画通り」という意味合いで使われます。
IT業界でよく使われる言葉となっています。
例 『このプロジェクトはオンスケです』

ローンチ

ローンチとは、新しい商品やサービスを世の中に公開することを指す言葉です。
サービスを作ることを発表するタイミングではなく、実際にお客様に公開するという点がポイントです。
例 『新製品のローンチは来週月曜日です』

まとめ
いかがでしたか?
今回はよく使われるカタカナのビジネス用語をご紹介しましたが、これ以外にもたくさんの言葉があります。
すべて覚えておく必要はありませんが、社内・社外でよく使われる単語は覚えておくとスムーズにコミュニケーションをとることができるでしょう。
ぜひこの機会にいくつか頭に入れておくことをおすすめします。

 

第一印象を良くしてオフィスワークへの第一歩を踏み出そう

「うまくやっていけるかなあ…」出社初日は誰でも緊張しますよね。
できれば第一印象を良くして、今後の人間関係を良好にスタートさせたいもの。
そこで今回は、初対面の相手から好意的に感じてもらうためのポイントをまとめました。
簡単なコツを知ってさえいれば、第一印象を良くすることは誰にでもできますよ!

第一印象はどうやって決まるの?

心理学者アルバート・メラビアンが提唱したメラビアンの法則によると「視覚情報」が相手の第一印象に最も影響を与えるそうです。次いで聴覚情報、言語情報です。

・視覚情報(約55%):表情や仕草、見た目など
・聴覚情報(約38%):声のトーンや大きさなど
・言語情報(約7%):話の内容

つまり第一印象はほぼ視覚情報と聴覚情報で決まることになります。
もしはじめの挨拶で多少噛んでも(言語情報)、身だしなみや表情が柔らかければ(視覚情報)第一印象はとても良いものになるでしょう。
逆に、服装が乱れていたりずっと怒ったような表情を続けていたりすると(視覚情報)、どれほど素晴らしいスピーチができたとしても(言語情報)第一印象は良くなりません。
職場の人から好印象を勝ち取るには「視覚情報」を中心に気を配ることが重要なんですね。

ちなみに第一印象が大切だと言われる理由は「初頭効果」にあります。
初頭効果とは、はじめに与えられた情報が長く頭に残る現象のこと。
ですから第一印象が良ければ、良いイメージが続きやすいのです。
なお第一印象を変えるには、最低2時間はお互いに向き合って話し合う必要があると言われています。

第一印象を良くするコツ

◎身だしなみを整える

パッと目に飛び込んでくるのは身だしなみです。すぐにできて第一印象を劇的に向上させられますので、ぜひ下のチェック項目を確認してみてください。

  • 服装:TPOに適しており清潔感がある服装を。シワや汚れがあれば別の服にしましょう。
  • 髪:ロングヘアの人は束ねるのが無難。
  • 爪:伸びていたら短く切りそろえ、汚れは落としておきましょう。
  • メイク:TPOに適したメイクを。事務職ではナチュラルメイクが好まれるケースが多いようです。
  • 香水:つけすぎに注意して。さりげなく香る程度がベストです。
  • カバン:TPOに適したシンプルなカバンを選んで。必要な物がきちんとしまえる大きさがあればOK。パンパンに膨らんではみ出ないように。

あいさつを欠かさない

社内に一歩足を踏み入れたら、その場にいる人は会社の仲間です。
臆さず自分からあいさつしましょう。
あいさつは好印象を与える最初のチャンスです。
「おはようございます」と言われて悪い印象を持つ人はほぼいませんから、勇気を出してあいさつをするといいですね。

◎自然な笑顔で接する

表情は思いのほか第一印象に影響を与えますが、笑顔がニガテという人もいるでしょう。
笑顔に自信がない人のために、トレーニング方法をご紹介します。
ぜひ前日までに練習して「愛され笑顔」を習得してくださいね。

<笑顔のトレーニング方法>
1:割り箸を横に加えて30秒キープ。割り箸を歯で噛んで、唇になるべく触れないように意識
2:そのまま口角を引き上げ、目元も細めて10秒キープ

◎相手の目を見て話す

手元や遠くを見ながら話す態度は、あまり良い印象を与えません。
会話をするときは、相手の目を見て話すように気をつけましょう。
見つめることに抵抗があるなら、相手の眉間を見るといいでしょう。
眉間を見ていると、相手は「目が合っている」と感じるらしいです。

◎ゆっくり話すよう心がける

緊張していると早口になりがちです。
考えるよりゆっくり話すくらいが相手にはちょうどよく聞こえますよね。
普段から少し早口の人は意識してみるといいかもしれないですね。

第一印象よりも大切なコトって?

◎遅刻は厳禁!

遅刻は第一印象以前の問題です。時間を守れないと、出社前からあなたの評価が下がってしまいます。特に初出社での遅刻は印象が悪くなりがちに。
予定よりも10分は早く到着するように家を出ましょう。
もし遅刻することが分かったら早めに連絡を!

◎相手の話は最後まで聞く

相手が話している最中に口を挟むと、印象が悪くなってしまいます。
言いたいことがあっても、まずは最後まで聞きましょう。
話の腰を折らないように相槌を打つと好印象につながりますよ。

◎背筋はピンと伸ばして

意外と姿勢は見られているものです。
背筋を伸ばして、まっすぐに前を見据えましょう。
それだけで印象が良くなりますよ。
美姿勢のポイントは「吊られている感覚で立つ」ことです。

頭の上から糸が出ていて、マリオネットのように吊られていると考えてみてください。
糸で吊られた人形は猫背にはなりませんよね。
むしろとても姿勢良くしているはず。

第一印象を良くしてオフィスワークを楽しもう♪

これから一緒に仕事をしていく同僚たちと良好な人間関係を築く上で、第一印象は絶対に外せませんよね。
今回ご紹介したポイントを参考に第一印象を良くして、順風満帆なスタートを切ってくださいね。

【総合プラントは熊本ヴォルターズを応援しています】

私たちSOGO-PLANTは、熊本ヴォルターズを応援しています。
熊本ヴォルターズは、「子どもたちに夢を」「熊本に元気を」という活動理念を掲げ
“人の繋がりを創ろう”と活動を始めた熊本県初のプロバスケットボールチームです。
「地域社会に貢献したい」という若者に向けた支援の場作りに積極的に取り組む姿勢に
共感、賛同し、協賛をしています。
コロナ禍による厳しい情勢が続いている中で、人と人との出会いを大切に、世の中に少しでも
元気を与えられるように、同じ熊本で地域と密接した関係を築いていくパートナーとして
2021-22シーズンも皆さんと共にB1昇格を目指す熊本ヴォルターズを応援してまいります。

 引き続きのご愛顧をどうぞよろしくお願い申し上げます。